ホーム>アレルギートラブルのラメール>メニュー>刺激アレルギー>花粉皮膚炎
ページの先頭へ戻る
装飾
刺激アレルギー

花粉皮膚炎

春先はスギ花粉の飛散が多い時期にどのような対策をお持ちですか?

この時期は特に心身ともに不安定になりがちで気温、温度の変化で肌代謝が低下してバリアー機能が悪くなりがちです。

水分量も減少傾向となり、少しの刺激でもかゆみや赤みを出してしまいます。

まして、偏西風にのって黄砂や、化学物質は花粉より粒子が細かいため空中で舞い上がり、ほこりなどとともに

肌についたりすることで、肌のトラブルが出やすくなります。

もちろん鼻から吸ってしまうと鼻が出たり、咳が止まらなかったり、呼吸器にも問題が発生します。

だからこの時期の過ごし方はとても大事です。

鼻を一日中、噛んでいたり、そのために肌が荒れたり、、、

マスクはこの時期必須ですが、、暑くなってくるとなんだか苦しい。

一時的な薬を使う前に、毎年迎えるアレルギーには、脳の認識をリセットしてくれる

センソリーセラピーで花粉、アレルギーの悩みから穏やかにお過ごしいただけるケアーを是非活用してみてくださいね!