ホーム>きれいブログ>金属アレルギー
ページの先頭へ戻る

金属アレルギー

金属アレルギー

通常、金属そのものは身体に対して無害なものですが、汗や唾液などの体液によってイオン化した金属が体内に取り込まれます。汗をかくとネックレスや時計の革ベルトの部分の肌が赤くなったりかゆみが出るのは、汗の塩分がイオン化を促すからです。歯科治療には合金が用いられ歯が噛み合った時の摩擦によって合金粒子が唾液中に拡散し、危険性が高くな多数の歯に多種類の合金が使われていると症状が出やすくなります。

 

取り込まれた金属イオンは体内のタンパク質と結合します。皮膚や粘膜を破壊することが金属アレルギーといわれています。

金属アレルギーは花粉アレルギーのように原因となる物質に接触して短期間に症状が出るタイプとは異なり、遅延型のアレルギーと呼ばれ金属に接触してからすぐに症状がでるタイプではありませんので、原因が金属と思わず悩む方も多いようです。

 

~症状として~

口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬などで、全身疾患としては、全身性接触皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、扁平苔癬、偽アトピー性皮膚炎、顔面湿疹などです。

 

~原因~

アマルガム(水銀)や保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)はアレルギーをおこしやすいのですが、金合金であっても、アレルギーを起こす可能性があります。

タバコからのカドミウム、排気ガスや水道管からの鉛、大型魚からの水銀、などに注意する必要があり。