ホーム>きれいブログ>●呼吸器アレルギー
ページの先頭へ戻る

●呼吸器アレルギー

黄砂アレルギー

黄砂アレルギーとは黄砂に付着した公害物質、アレルギー症状が出ることを指しています。 黄砂に付着した金属で皮膚炎 黄砂に付着した化学物質で黄砂に付着した細菌、黄砂に付着した微生物の死骸中国からの大気汚染物質で病気になる人が増えています。

 

◆中国の大気汚染物質で注意したい無色透明の二酸化硫黄

1月から花粉症に似た症状が出るのは、二酸化硫黄の影響です。

 

◆日本に飛散してくる黄砂の粒子は非常に細かい

1月から二酸化硫黄の被害を体感しています。硫酸塩エアロゾルの濃度が高い時は、空が青くても、眼と気道に刺激を感じ、ひどい時は鼻水や咳が出ます。

硫酸塩エアロゾルは、花粉にも付着して、花粉症の症状を悪化させます。

硫酸塩エアロゾルは、目、鼻、喉、気管支、肺の粘膜の炎症を引き起こすので、咳で苦しむことも増えます。

花粉の飛散量と症状の酷さが一致しないことが多いのは、そのため黄砂の健康被害や体調不良の症状、「目の充血」や、人によっては「炎症熱」が激しく出るため、細菌感染やウイルス感染でないのに、のどの腫れがあったり、黄色の鼻水が出たりします。

そのため、細菌などの感染症と誤診されることもあります。この炎症の薬として抗生剤は不適切です。